元彼が同じ職場「職場恋愛からの復縁方法」

元彼が同じ職場「職場恋愛からの復縁方法」

職場というのは元々恋愛関係に発展しやすい場所ですが、残念ながら別れる事になった場合、お互いに大変気まずく中には転職してしまう人もいます。

 

恋愛中は同じ職場であることがプラスになりますが、別れた途端マイナスになる、付き合う前に別れた時の事を少しは考えますが、別れる事を前提にお付き合いすることはあまりありませんので、これは仕方のない事だと思いますが、同じ職場の彼と復縁したいと感じた時、どのような別れかたをしか、現在の関係性はどうなのかによって復縁の方法が異なります。

 

そこで職場内復縁を中心とした復縁方法をアドバイスしていきたいと思います。

 

 

職場恋愛だったが、現在は別れてしまった

話そうと思えばいつでも話せる、視界に姿が入ってくる時があるなどさまざまなメリットがあると思いますが、お互い元彼・元カノという気まずさはありますが、仕事を通じてコミニュケーションが取れる環境にあります。

 

職場にプライベートを持ち込んではならない

男性は仕事に対するモチベーションが高いので、供に仕事をしてる最中に彼への執着や未練を見せるのは逆効果です。

 

かえって気持ちを萎えさせたり、嫌われてしまう可能性もあります。

 

恋愛が終わって傷ついているのは解りますが、その傷を職場で見せつけられると相手は引いてしまいますので、仕事は仕事と割り切って働くようにしましょう。

 

職場はチームワークが大切ですので、個人の恋愛感情で職場を乱してはいけません。
周囲が付き合っていた事を知っているならなおさらです。

 

別れてすぐの場合は難しいかもしれませんが、傷を癒すためにも今まで傾けていた気持ちを仕事へと向けてください。
彼はちゃんとあなたの事を見ていてくれます。

 

距離が近いからと言って、いきなり復縁を迫るのは絶対にいけません。

 

別れて最初のうちはきまずいかもしれませんが、仕事の話題を軸にふっきれた感じで話しをしましょう。

 

彼は罪悪感を感じていると思いますので、そんなあなたを見ていて、気持ちが軽くなり普通に接してくれるようになる可能性が大です。

 

そんな頑張っているあなたを見た彼が、自分の方から食事やメールをしてきた時こそ、復縁のチャンスです。

 

 

以前は一緒の職場だったが、現在は別々の職場で働いている

以前は毎日顔を合わせていたけど、今では連絡を取らないと意思の疎通もできない、そんな関係なら「自分からはメールや連絡を取らない」ことです。

 

相手か自分が転職した後、この方法は有効ですが、寂しくなっても絶対にこちらから連絡を取ってはいけません。

 

ですが、それなりの冷却期間(ケンカ別れでなく、話し合って別れた場合は1~3ヶ月ほど)を置いて連絡を取ってみましょう。

 

軽く食事に誘う程度のメールを送ってみて断られたのなら、またしばらくしてメールを送ってみましょう。

 

そして会う事になったなら、会っている間は暗い雰囲気にならないように気をくばり、恋人ではなくなったけど、たまに食事にでもいける関係になれたらいいね等の好意を見せましょう。
ここで焦って復縁を迫ると相手は逃げ腰になってしまう可能性がありますので、じっくりあせらず関係を深めてください。

 

 

おわりに

別れた相手が復縁をしたいと感じはじめるのは、あなたの中でしっかりと足りなかった部分が成長し始めた時です。

 

仕事は仕事恋愛は恋愛としっかり分けて仕事に打ち込み、人一回りもニ回りも大きな成長を彼に見せることで、彼の気持ちを復縁へと向かわせましょう。

復縁体験談